2006年11月15日

社会のしくみ

ついさっき、
人生で一番、自分の「無知」と「浅はかさ」を思い知りました。

こんな社会のしくみも知らないで留学留学ってはりきって、
テストに受かったくらいでちょっと安心して、
全部わかってる“つもり”になって・・・・・

所詮あたしはただの甘ったれの学生であり、
社会に出てちゃんと仕事をしてお金をもらって、
一国民としてのお金を払ったこともない。

成人はしているが中身は全くの子供。
社会のしくみなんて何一つ理解していない。

適切な言い方ではないかもしれないけど、
あたしの座右の銘は“なんとかなる、なんとかする”

だけど世の中にはなんとかならないものもたくさん・・・・・ある。

自分の考えの軽さがこんなことを引き起こし、
自分だけでなく、
両親にも多大な困難を強いることになってしまった。

「留学できないかもしれない」

という文字が頭をよぎった時、泣きそうになった。
でもそれは留学できないことに対する涙ではなくて、
自分の浅はかさへの涙。

でもなんとかこらえた。
当たり前だけど、留学に関して絶対に涙は流さないって決意した。
父から発せられる厳しい言葉を、重く自分の心に刻み込みました。

父の厳しい言葉の裏にある感情がひしと伝わってきました。

泣かないって決めたけど・・・・
やっぱりお風呂でちょっとだけ泣きました。
自分でも泣いてるのかわからないように、シャワーを浴びながら。

きっとこれからも自分の「無知」を思い知る時が、
何度もくると思います。
“出来ることから”なんてあまっちょろいことは、
もう言ってられない。

明日朝起きてまずすることは、
エージェントに電話をすることです。




posted by ゆぅー at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。